勿来関文学歴史館のバナー

施設案内


平面図

第一常設展示室
平安の昔からよみつがれてきた勿来関が4つのテーマで現代によみがえる歌の世界
エレベーターを降りると、そこは歌枕だった。 平安の昔から和歌によみこまれてきた「なこその関」。「なこそ」は「来ないでください」という意味の古い日本語で、そこから、「来たることなかれ」の字をあてて勿来関と表記します。この「来たること勿かれ」がどのようによみこまれてきたのかをご覧ください。19首の秀歌を音響と映像、そして仕掛けと造形でお楽しみください。
第一常設展示室


第二常設展示室
大きくひきのばした浮世絵が時代をぐぐっと引き寄せて 感覚で学ぶおもしろ歴史体験ゾーン
スロープを降りると、そこは不思議タウン。 江戸時代の宿場町の雰囲気を味わいながら、ゲーム感覚のミュージアムサイト。さまざまな仕掛けが、皆様を待ち受けております。井戸をのぞくと、まあ大変。木賃宿の穴をのぞけば、複雑な江戸の旅事情が垣間見えます。宿場のトイレの扉を開けたり、地蔵の頭をなでたり、ソバ屋ののれんをくぐると、さまざまなオモシロびっくりを体験できます。
第二常設展示室


■ 企画展示室
企画展を常時開催し、さまざまな視点から文学・歴史をご紹介しています。より深く理解していただくために、展示解説会や体験イベントもございます。


■ ギャラリー
絵画、写真など、ギャラリーは、無料で提供している展示空間です。みなさまの創作活動の発表の場として活用されています。