利用案内のバナー
Home > 年間行事 > 利用者協議会規約

勿来勤労青少年ホーム利用者協議会規約

■第1条 本会は、勿来勤労青少年ホーム利用者協議会(以下協議会)と称し、事務局を勿来勤労青少年ホームに置く。
■第2条 協議会は、ホーム利用の講座生と、各クラブ員を以って構成する。(以下会員)
■第3条 協議会は、会員の自主的活動を尊重し、会員相互の親睦を図ると共に、ホームの健全な運営に協力、支援し、地域社会の発展に寄与することを目的とする。
■第4条 協議会は目的達成のため、次の事業を行う。
(1)会員相互の交流と情報の交換
(2)会員の研修に関すること
(3)ホーム行事への参加
(4)ホームだより・機関紙の発行
(5)その他目的達成のために必要な事項
■第5条 協議会に、次の役員を置く。
1.会長1名・副会長2名・会計監事3名
2.会長・副会長・会計監事は、幹事の互選によって選出する。
3.役員の任期は、1年とする。但し、会長は2年とし再任を妨げない。
■第6条 1.会長は議会を代表し、会務を統括する。
2.副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときは代理する。
3.会計監事は、会計の執行を監査する。
■第7条 協議会に、次の決議機関を置く。
(1)総会
(2)役員会
(3)代表者会
■第8条 総会は、協議会の最高決議機関で役員、代表者を以って構成し年1回会長が招集する。但し、会長及び委員の1/3以上の要求があった場合は、臨時総会を開くことができる。
(1)規約の制定及び改正
(2)活動方針及び事業計画
(3)予算及び決算
(4)役員選出
■第9条 役員会は、会長が必要と認めた場合、開くことができる。
■第10条 会議は、出席者の過半数を以って議決する。
■第11条 協議会の経費は、会費、助成金及びその他の収入を以って当てる。会費は年額700円とする。
■第12条 協議会の会計年度は、4月1日に始まり翌3月31日までとする。
■第13条 この規約に定めるもののほか、必要事項は、役員会の審議を経て決定し、総会に報告する。